アップシートで作る!Googleマップのルート最適化アプリ

今回は、アップシートを活用して作成したGoogleマップルート最適化アプリについてご紹介いたします。

このアプリは、複数の訪問先を効率的に巡るためのルートを最適化し、直感的に管理できるツールです。

日常業務における移動効率を飛躍的に向上させることが可能です。

目次

アプリの主な利用シナリオと利点

このアプリケーションは、訪問看護、メンテナンスサービス、営業ルートの最適化など、車での移動が頻繁に必要とされる業務に最適です。

AppSheetとGoogle mapを連携させた
AppSheetとGoogle mapが自動で連携する

例えば、複数のクライアントを訪問する営業職の方々がこのアプリを使用することで、一日の訪問計画を事前に効率的に立てることができます。

これにより、時間の無駄を減らし、一日の生産性を高めることが可能となります。

利点としては、以下の特徴があります。

1. 時間の節約

アプリは複数の訪問先を元に、最も時間効率の良いルートを算出します。

これにより、交通状況や距離を考慮した最適な訪問順序を瞬時に得ることができます。

2.簡易操作

地図上に訪問先をピンでマークし、それを基にルートを設定するだけのシンプルな操作性です。

ユーザーはアプリ上で直感的にルートを調整し、変更を加えることができます。

3. 多機能性

ルート最適化だけでなく、訪問のステータス管理や写真のアップロード、セキュリティ機能を通じて複数のユーザーが同時に利用する環境でも安全にデータを共有・管理することが可能です。

ルート最適化アプリのメインビュー
ルート最適化アプリの画面

アップシートを用いることで、これらの機能を自分たちのニーズに合わせてカスタマイズし、多くの業務プロセスを自動化・最適化することができます。

クライアント情報を位置情報と連動して登録する

このアプリを使用する上で最初に行うことは、クライアント情報の入力と地図上での表示です。

クライアントの位置情報をマップ表示
お客様の位置情報を登録する

利用者はアプリにアクセスして、クライアントの会社名や位置情報を登録します。

例えば、東京、品川、新宿、八王子、大宮、千葉など、訪問予定の各地域に該当するクライアント情報を地図上にマッピングします。

これにより、地図上にはそれぞれの会社がピンで表示され、一目でどの地域にどのクライアントが存在するかがわかります。

このプロセスは、特に多くの訪問地点を持つユーザーにとって、日々の業務を効率的に計画するための強力なツールとなります。

訪問予定日と訪問先を決める

訪問先の設定は、クライアント情報が地図上に配置された後の次のステップです。

ルートを追加する
ルート追加ボタンから訪問日とルートを決定

ユーザーは訪問する日付を選択し、その日に訪問するクライアントを選びます。

ルート順を決める

ルート順を決める
訪問日を決めたらルートを決める

例えば、ある日に東京、品川、新宿の三箇所を訪問する予定がある場合、その日付でこれらの地点を選択してルート設定を行います。

ルートが確定すると、ユーザーは「ルート順決定」ボタンを押すことで、そのルートを保存し、実際の訪問時に使用することができます。

この機能により、ユーザーは訪問先の管理とルートの計画をシームレスに行うことができ、業務の効率化が図れます。

ルート決定のためのインターフェイスと機能

ルートの順序が決まったら、「ルート順決定」ボタンを押すことで、その日の訪問ルートが確定します。

この機能は、訪問先が多い日に特に有効で、訪問予定の各地点を最適な順序で結ぶルートを明確に示します。

また、アプリはこのルートに沿ってナビゲーションを開始するオプションも提供しており、スマートフォンやPCから直接、リアルタイムでナビゲーションを受けることが可能です。

このように、アップシートのルート最適化アプリは、訪問計画の作成から実行に至るまでの全工程をシンプルかつ効果的に支援し、業務の効率化を図ることができます。

次のセクションでは、ルート最適化を具体的に示す実際の操作プロセスについて、さらに詳しくご紹介します。

Googleマップと連携したルート最適化

アップシートを使用したGoogleマップルート最適化アプリでは、設定されたルートの最適化をリアルタイムで実演する機能が提供されています。

実際のルート選定とナビゲーション

ルートが確定した後、アプリは「ナビゲーション開始」ボタンをクリックします。

アップシート上のナビゲーションボタン
ナビゲーションボタンを押すと地図が自動表示

ユーザーがこのボタンをクリックすると、アプリは設定されたルートに基づいてGoogleマップと連携してナビゲーションルートを表示します。

このプロセスは特に車を使用する営業活動や配送業務において極めて価値があり、効率的なルート選定により時間と燃料の節約が期待できます。

ユーザーはアプリの指示に従うだけで、最もスムーズなルートで目的地に到達することができます。

最適なルート表示と所要時間の計算

アプリはまた、選定されたルートの全体図と各セグメントの所要時間を明確に表示します。

この表示は、訪問予定の各地点を経由する順番とそれぞれの地点間の距離及び推定移動時間を含みます。

ユーザーはこの情報を基に、日程をさらに詳細に計画することが可能です。

例えば、東京から品川、次に新宿というルートを設定した場合、アプリはそれぞれの地点間の最適な移動ルートを示し、全ルートの所要時間を「約1時間13分」と計算します。

この計算は交通状況をリアルタイムで反映するため、実際の移動時間と非常に近い値が提供されます。

これにより、ユーザーは時間管理を正確に行い、1日のスケジュールをより効果的に管理することができます。

アップシートのルート最適化アプリは、ナビゲーションの開始から最適なルートの表示、所要時間の計算に至るまで、ユーザーに対して高度なサポートを提供します。

このアプリにより、訪問業務の効率化だけでなく、時間管理の精度も大幅に向上します。

次のセクションでは、アプリが提供する追加機能について詳しく説明いたします。

追加機能の紹介

アップシートで作成されたGoogleマップルート最適化アプリには、ルート最適化だけでなく、業務の完了を確認し追跡するための多彩な追加機能が備わっています。

これらの機能により、ユーザーは訪問活動の詳細をより細かく管理できるようになります。

以下に、主な追加機能を詳しくご紹介いたします。

完了確認機能と写真の登録

このアプリでは、各訪問地点での業務が完了したことを簡単に記録することができます。

訪問完了時には、「対応完了」ボタン

を押すことで、その地点の業務が終了したことがシステムに記録されます。

さらに、訪問地点で撮影した写真をアプリにアップロードすることができ、これにより業務の完了を視覚的に証明することが可能です。

写真にはタイムスタンプが付され、いつどこで撮影されたかが明確に記録されるため、後からの確認作業も容易になります。

対応完了を押す
訪問した画像を登録でき記録される

マップピンの色変更機能と完了ステータスの視覚化

訪問完了の記録とともに、アプリはマップ上のピンの色を自動的に変更する機能を備えています。

各訪問地点が完了すると、そのピンの色が緑に変わり、まだ訪問が必要な地点は赤色のまま表示されます。

この色の変更により、一目でその日の業務進行状況を確認することができます。

このマップでは、赤色が未完了、緑が完了を示しています。

赤色が未完了、緑が完了。新宿と千葉は完了している

訪問数と完了数の管理機能

アプリは訪問予定の数と完了した数をリアルタイムで表示し、ユーザーが一日の業務の進捗を正確に把握できるように支援します。

この機能は、特に多くのクライアントを訪問する営業職やメンテナンススタッフにとって有用で、効率的な時間管理とタスクの優先順位付けを可能にします。

すべての訪問が完了すると、アプリは「完了」と表示し、その日の業務が全て終了したことをユーザーに知らせます。

進捗状況が一目でわかる

単なる地図情報以上の価値がある

アップシートを利用したルート最適化アプリは単なるナビゲーションツール以上の価値を提供します。

業務の完了確認から進捗管理まで、全てのプロセスが一つのアプリ内で完結するため、業務効率が大幅に向上します。

セキュリティ機能

アップシートで作成されたGoogleマップルート最適化アプリは、複数のユーザーが同時に利用する環境でも、データの安全性と可視性の管理を確実に行うための高度なセキュリティ機能を備えています。

複数ユーザー利用時のデータのセキュリティ

アプリは、複数のユーザーが同時にアクセスして作業を行う環境を想定して設計されています。

そのため、企業内でのデータの安全を確保するために、各ユーザーのアクセス権限を厳格に管理します。

管理者はアプリ内でユーザーごとに異なるアクセスレベルを設定することができ、必要な情報のみを特定のユーザーに公開する設定が可能です。

これにより、重要なクライアント情報や業務進行情報が不正アクセスから保護され、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

可視性の管理

セキュリティ機能の中でも特に重要なのが、情報の可視性を適切に管理することです。

アプリでは、各ユーザーの役割に応じて必要な情報のみを表示する「役割ベースのアクセス制御」を採用しています。

例えば、営業マネージャーは自身が担当する地域のルート情報のみを見ることができ、他の地域の情報にはアクセスできないように設定することも可能です。

また、管理者は全てのルート情報にアクセスできる権限を持ち、業務全体の監視と管理を行います。

機能だけでなくセキュリティも担保

アップシートのルート最適化アプリは、権限が付与されているユーザーしか利用できません。

セキュリティ設定をしつつ、ユーザーが必要とする情報に簡単かつ安全にアクセスできるように設計されています。

このセキュリティ機能により、企業は業務の効率化を図ると同時に、データの安全性を確保することが可能となります。

アップシートでカスタムアプリを作ろう!

今回ご紹介したアプリについてはこちらの動画でもご紹介しています。

https://youtu.be/a465lSh0IZ8

アップシートで作るアプリは、単なるナビゲーションツール以上の役割を果たし、業務の効率化、セキュリティの確保、そして業務進行の透明性向上に大きく貢献します。

ルート最適化、完了確認、セキュリティ管理など、業務遂行に必要な複数の機能をカスタマイズして盛り込むことができます。

ユーザーはこれらの機能を通じて、日々の業務をよりスムーズに、かつ効率的に行うことが可能となります。

「アップシートマジック」について

当社では「アップシートマジック」というサービスを通じて、アップシートの導入支援やカスタマイズ、さらには継続的なサポートを提供しています。

アプリの構築から運用までの一連のプロセスがスムーズに行えるようになります。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

このアプリとアップシートが提供する可能性を最大限に活用して、業務の革新を実現しましょう。

目次