ウェブ集客で成果が出ないのはなぜ?成果の出ない企業が今すぐ見直すべき5つのこと

ウェブサイトを制作してウェブ集客の施策も行っているはずなのに、ウェブ経由での問い合わせや商品・サービスの購入、申し込みが全然増えていない、という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

もしかすると、あなたのウェブサイトの構成自体に問題があったり、ウェブ集客のために行っている施策の方法が間違っているといった理由で、思うような成果がでていないのかもしれません。

今回は、ウェブ集客で成果がでていないと悩んでいる方が、今すぐ見直すべきことを5つの項目に分けてご紹介します。

ここで紹介している内容は、誰もが陥りやすいことなので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

この記事を読んだ方がウェブサイトの見直しを行い、ウェブ集客で成果をだせるようになると嬉しいです。

1.ウェブサイトの目的・ターゲットを明確する

ウェブ集客で成果がでないと悩んでいる方によくあるのが、ウェブサイトを何のために作ったのかと、誰に向けたものなのかが明確でないということです。

まずはこの2点をしっかりと定めておかないと、ウェブサイトの構成やデザインも決まりませんし、ウェブ集客の施策も何をすれば効果的かが分からなくなってしまいます。

何のためのウェブサイト?

何のためにという観点で考えてみると、次のいずれかに当てはまるのではないでしょうか。

  • 問い合わせを増やしたい
  • 商品購入やサービスへの申し込みを増やしたい
  • ウェブサイトを見たお客様に実店舗に来てもらいたい
  • 会社、お店、商品などのブランディングや認知度アップしたい

例えば、問い合わせを増やしたいのであれば、商品の魅力を端的に伝えて問い合わせフォームに誘導するサイト構成にするだけでよいかもしれません。

また、商品をウェブサイト経由で購入してもらいたいのならば、より詳しく商品の説明をして商品の特徴を理解してもらうと共に、ウェブで購入できるようにショッピングカートを用意したり、決済手段を充実させる必要があるでしょう。

サイトのターゲットは誰?

次に、ターゲットについてはペルソナ設定を行うことをおすすめします。

ペルソナとは、マーケティング用語で、商品やサービスの典型的なユーザー像を設定することを指す言葉です。

ペルソナでは、架空のユーザーを想定し、年齢、性別、家族構成、行動や価値観、ライフスタイルなどの項目でかなり細かく設定していきます。

設定したペルソナが興味を持ってくれるようなウェブサイトを制作したり、設定したペルソナに向けたウェブ集客を行うことが、成果をだすために重要なポイントです。

子供向けの商品であれば、モノトーンのシンプルなウェブサイトよりは、カラフルで楽しいウェブサイトにする方が集客できそうだと想像できると思います。

ウェブサイトの目的とターゲットが明確になれば、この後に紹介する他の見直しポイントの方向性も定まります。まずはこの2点をじっくりと考えてみてください。

2.ウェブサイトの構成を考える

次に見直すべきことは、ウェブサイトの構成です。自分が良いと思うウェブサイトであるよりも、ユーザー目線で良いと思えるウェブサイトにすることが重要になります。

見直すべきポイントをデザインと設計の2点に分けて解説します。

デザインの見直しポイント

見た目が良いことはもちろん重要ではあるのですが、それがユーザー目線で良いデザインかという観点で見直してみましょう。

ウェブサイトのペルソナが興味を持って見てくれそうなデザインになっているかや、読みやすいフォントやカラー構成になっているか、文字だけでなく写真・イラスト・動画などを用いた、分かりやすいウェブサイトになっているかについて見直してみてください。

設計の見直しポイント

何も考えずにウェブサイト内にページを作るのではなく、訪問してくれたユーザーにどのようにサイト内を見てもらうかや、どのような行動をとってもらいたいかを考えたウェブサイトの構成にしましょう。

ユーザーが見たいと思ったページに容易に移動できないようなサイトであれば、ユーザーはすぐに離れていってしまいますし、検索エンジンからもマイナス評価を受けてしまう可能性があります。

スマホ対応は必須

近年ではスマートフォンなどのモバイル端末でウェブサイトを見る人が大半なので、ウェブサイトをレスポンシブデザインにしておきましょう。

レスポンシブデザインとは、どんな大きさの画面でも見やすく使いやすいウェブサイトのデザインのことです。

レスポンシブデザインにしてスマートフォンでの見た目を最適化することで、ユーザーにとって見やすいウェブサイトになります。検索エンジンでもレスポンシブデザインのウェブサイトの方が評価が高くなるので、やっておいて損はありません。

3.ウェブサイトの運営体制を構築する

ウェブサイトを制作したことで満足してしまい、その後更新していないということはないでしょうか。

ウェブサイトで集客をするためには、放置していてはダメで、新しい情報を日々更新していく必要があります。

また、SEOにしてもウェブ広告にしても継続することで集客効果をだすことができるため、ウェブサイトを運営する体制を構築することは重要です。

ウェブサイトを放置しないためには、専属の担当者を決めたり、チームを作って目標設定をすることをおすすめします。

ウェブサイトの運営だけに専念できるのであればベストですが、他の業務との兼任になることも多いと思います。兼任になる場合は、ウェブサイトの運営は後回しになりやすいので、目標やToDoを明確に設定しておくようにしましょう。

  • 週に2回はコンテンツを掲載する
  • 週に1回のペースでアクセス解析を行う
  • 月に1回は打ち合わせをしてウェブ集客の成果を見直したり、目標や施策を考える

このように毎週や毎月やるべきことを明確にしておけば、実行しやすくなると思います。

また、もし自社でウェブサイトの運営にリソースを割けないようであれば、ウェブマーケティングの専門業者に委託してもよいでしょう。

ノウハウのない自社でウェブサイトを運営するよりも、より効率的に成果をあげることができますし、自社の社員は他の業務に専念することができるようになります。

4.SEO対策を実行する

ウェブ集客において避けることができないのがSEO(検索エンジン最適化)です。

多くの方がSEOを実施していると思いますが、ウェブ集客で成果がでていないのであれば、もしかすると間違ったSEOを行っているのかもしれません。

ここでは、SEOでやりがちな間違いを紹介していきます。

キーワード選定が間違っている

SEOにおいて、キーワード選定は非常に重要です。単純に検索回数の多いキーワードを選べばいいというわけではなく、次のような視点でキーワードを選定する必要があります。

  • 自社のウェブサイトのユーザー像と、そのキーワードで検索をするユーザーが合致している
  • 自社のコンテンツで競合に勝てる、もしくは勝てそうなキーワードである
  • 一過性のものではなく、安定して検索されそうなロングテールのキーワードである

もちろん、全ての場合において上記視点に合致している必要がありませんが、なるべく少ない労力でウェブ集客の効果をだすためには、上記視点を参考にキーワードを選定してみてください。

コンテンツの質が悪い

SEOにおいて重要なのは、何よりもコンテンツ自体の品質です。コンテンツの品質を測る指標として、検索エンジンのシェアが圧倒的トップであるGoogleのガイドラインから3つ紹介します。

・専門性(Expertise)

問題が解決できたり、新しい情報を得られるといったように、ユーザーにとって価値の高い情報が多く含まれていること

・権威性(Authoritativeness)

信頼できる第三者から評価されているコンテンツであり、被リンクが多く貼られていること

・信頼性(Trustworthiness)

他サイトのコピーではないオリジナルのコンテンツであり、情報源も信頼出来るものであること

もし、現在自社のウェブサイト内にあるコンテンツが、これら3つの指標に合致していない場合は、検索エンジンから高評価を受けて検索順位が上がることは難しいでしょう。コンテンツを制作する時には、3つの指標に合致しているかを意識するようにしてください。

関連リンク:SEOによるウェブ集客に失敗するサイトの共通点!成功させるために大切な事とは

5.ウェブ広告について

SEOと並んで、ウェブ集客においてよく活用されるのがウェブ広告です。

何かしらのウェブ広告を使ったことがあるという人は多いのではないでしょうか

。ウェブ広告はSEOと違って即効性があるため、短期的にウェブ集客を増やすことができますが、間違った使い方をしていると、思ったより集客効果がでていないのに、広告費用だけかかってしまうということになりかねません。

ウェブ広告でやってしまいがちな間違いを紹介します。

ウェブ広告のツール選定が間違っている

ウェブ広告のツールには、リスティング広告や純広告、アフィリエイト広告、SNS広告など様々な種類があります。

それぞれに特徴があり、商品やサービスの属性とターゲットとなるユーザー像によって、どのウェブ広告ツールを活用すべきかが異なります。自社にあった最適なツールを選定しましょう。

例えば、商品自体の単価が高くて検索エンジンでよく検索されるような商品であれば、リスティング広告が適していますし、若者がターゲットの新商品であれば、SNS広告を使うのが効果的です。

効率が悪いだけならまだ良いものの、選ぶウェブ広告のツールによっては、相性が悪くて全く集客効果がでないということもあり得ます。

各ツールの特徴をしっかり理解したうえで、どれを活用するか選定するようにしましょう。

関連リンク:ウェブ広告に向く商材、向かない商材!特性を知りWEB広告を成功させる

単発で終わっている

ウェブ広告による集客には即効性があるとはいえ、一度ウェブ広告を出すだけで満足のいく集客効果を得ることは非常に困難です。

ウェブ広告を出して終わりではなく、ウェブ広告による集客効果を分析して改善するという流れを繰り返すようにしましょう。

最初は、ウェブ広告を出すツールを間違えたり、ウェブ広告の内容が悪かったりして、思うような集客効果がでないかもしれません。

しかし、改善し続けることで徐々にコツやノウハウが蓄積されていくので、単発で終わらないようにしてください。

必要なポイントを見直してウェブ集客を成功させよう!

今回は、ウェブ集客で成果がでないとお困りの方に向けて、見直すべきことを5つの項目に分けて紹介しました。

ウェブ集客では、こうすれば間違いなく集客できるという絶対的な正解はありません。

常に自分のウェブサイトへの集客状況をアクセス解析で確認し、様々な施策をとって改善をし続けることが重要です。

ぜひ足りないポイントを見直して、ウェブ集客を成功させてください!