ウェブ広告を始める前に知っておきたい3つのポイント!WEB活用がビジネス成否を分ける

「ウェブ広告を使って売上を上げたいけど、いまいち他の広告との違いがわからない。」

「どういうポイントが他の広告よりも優れているか知りたい」

こんなお悩みを持つあなたに、ウェブ広告を始める時に知っておくべき3つのポイントをお伝えします。

何となくウェブ広告を出稿すると、大切な広告予算を無駄にしてしまいかねません。

まずは、この記事でご紹介するポイントをチェックして、ウェブ広告を始める心構えを掴んでください。

ウェブ広告の現状

まずはポイントの前に現在のウェブ広告の状況を把握しましょう。

ウェブ広告は、広告費用の利用額ランキングで、2019年にTVの広告利用額を抜いて1位になりました。

電通プレスリリース:2019年日本の広告費

ウェブ広告の広告利用額が1位になった背景は、スマホ・タブレット・パソコンが普及したからです。

これまでは、「4マス広告」と呼ばれる「TV、ラジオ、新聞、雑誌」の4つの媒体のいずれかに広告を出稿することで、情報をユーザーに届けていました。

4マス広告は、単一の情報を不特定多数のユーザーに届ける点では優れた媒体です。

しかし、スマホやタブレット、パソコンが普及したことで、ユーザーが情報収集したり、比較検討する時にネットを活用することが当たり前になりました。

ユーザーが情報に触れるポイントが、単一情報を与えるマスメディアから、それぞれの興味に合わせた情報を与えるウェブに移行したのです。

だからこそ、ユーザーごとに情報を届けられるウェブ広告は注目を浴びて、今ではナンバーワンの広告媒体となったのです。

つまり、現代はウェブ上に情報が無いと、そもそも情報収集すらされないという時代になっています。そして、ウェブ上で見つけて貰わなければいけません!

ウェブ上に多くのユーザーが集まっている以上、顧客を獲得するためにもウェブ広告を活用するのは必須とも言えます。

1.ウェブ広告の費用感

それでは前提を抑えた上で3つのポイント整理していきましょう!

ウェブ広告の1つ目のポイントは、自分たちのビジネスの状況や予算の状況に応じて、費用をコントロール出来る点が挙げられます。

例えば、4マス広告の代表であるTVCMに広告を出す場合は、1回で数百万円クラスの広告費がかかります。

また、一度出稿した広告は、掲載期間中に変更はできません。

一方で、ウェブ広告は、月間で数万円という少額でも始めることができます。

出稿した広告も、効果に応じて修正したり、差し替えたりすることで、広告効果を高めていくことごできます。

費用と効果の2つをコントロール出来る点が、ウェブ広告の大きな特徴となります。

2.ウェブ広告の費用対効果

ウェブ広告は、マス広告に比べて、費用対効果を高めやすい点が2つ目のポイントです。

例えば、あなたが20代の女性をターゲットにした化粧品を広告を使って売りたいとします。

一般的な広告媒体は「20代の女性がよく見ている」というレベルの情報しかありません。

しかし、ウェブでは、「25歳~29歳で、都内で一人暮らしをしている、美容に興味がある女性」といったレベルまでユーザーを細かく解析することが出来ます。

ウェブ広告は、細かなターゲティングで、商品と相性の良いユーザーに情報を届けられるので、費用対効果を高めやすいのです。

ただし、細かくターゲティングすればするほど、ユーザー数は減っていきます。ターゲットは細かく設定しながらも、全体ボリュームを意識するのも大切です。

3.ウェブ広告で大切な指標、CPAとLTV

ウェブ広告は、広告の閲覧数やクリック数、購入数はもちろん、ページの滞在時間やどこから来たのかなど、あらゆる情報が数値化できるのが3つ目のポイントです。

ウェブ広告の目標設定が曖昧だと、広告効果を正しく判断出来ません。

ウェブ広告をこれから始める場合には、特に重要な「顧客獲得単価(CPA)」と「生涯顧客価値(LTV)」の2つの目標を設定してください。

CPAとLTVの具体例

CPAは、「いくらでユーザーを獲得するか」、LTVは「1度購入したユーザーは、利益をいくら生み出すか」と言い換えられます。

例を挙げると、新規ユーザーを10,000円の顧客獲得単価で1件獲得したとします。

そのユーザーが、10,000円の利益をもたらしてくれたら、費用対効果はちょうど100%になります。

しかし、このユーザーがもう少し商品を継続購入してくれて、15,000円の利益をもたらしてくれれば、費用対効果は150%になります。

また、顧客獲得単価が5,000円まで落とせれば、15,000円の利益で費用対効果は300%になります。

つまり、「顧客獲得単価(CPA)」は低ければ低いほど良く、「生涯顧客価値(LTV)」は高ければ高いほど良いのです。

ウェブ広告は、細かく数値を分析することで、どこが課題なのかを把握することができます。

ウェブ広告の改善を続けて、ビジネスの成功に結びつけて下さい。

ウェブ広告の活用がビジネスの成否を分ける!

ウェブ広告は、今や広告業界で主流の広告媒体となり、上手く活用出来るかどうかが、ビジネスの成否を左右します。

ウェブ広告は、細かいターゲティングや、配信のコントロールなど、自社のビジネスに合わせて運用が出来ます。

ウェブ広告の運用の肝は目標の設定です。

コストと売上を意識して、ビジネスの成功につなげてください!